アフリカンダンス・ドゥンドゥンWS&練習会

全てのご連絡・お問い合わせ先
クルマ 美帆
concasseurdansegmail.com(@は半角にしてください)
※メールの拒否設定をされている方は、受信可能アドレスから送信くださるか、
メールの受信設定をお願いいたします。
〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

☆★☆♪ヽ(^3^))((^3^)ノ♪ヽ(^3^))((^3^)ノ♪★☆★

 西アフリカ・ギニアのバレエスタイルダンスを、生太鼓の伴奏で踊ります♬
ダンスを踊る際に演奏する伝統打楽器『ドゥンドゥン』が奏でるリズムも学びます♪

ダンス、ドゥンドゥン、クリン等々、個人、出張、グループワークショップも行っております。
ご相談ください☆








※各会場へのクラス&練習会についてのお問い合わせはご遠慮ください。



◎アフリカンダンス&ドゥンドゥンワークショップ◎
ギニアのバレエスタイルのダンスを、ギニア人ドラマーの生演奏やCDで踊ります。



ドゥンドゥンクラスは、ギニア人ミュージシャンでドゥンドゥンフォラのクルマンケによるレッスンです。
マニアックなマリンケのリズムは勿論、ギニア伝統音楽を広く学びます。
ドゥンドゥン中心のクラスですが、ジェンベアコンパやアレンジも

学んでいただけます。


〇日にち:6月17日(日)

〇場所:磯子スポーツセンター 2階研修室

〇時間:
・ダンスクラス 15:05~16:50
・ドゥンドゥンクラス 17:00~18:45


〇料金:
ダンスクラスのみ 2.500円
ドゥンドゥンクラスのみ 3.000円
両方 5.000円

〇ドゥンドゥンレンタル:
1人500円でドゥンドゥン、サンバン、ケンケニ全てを叩いていただけます。
先着3名様に限り無料で貸し出します。
数に限りがございますのでお早目にお問い合わせください。

レンタルは前日までにお申込み下さい。

〇ご予約、お問い合わせ先:
クルマ 美帆
concasseurdansegmail.com(@は半角にしてください)
※メールの拒否設定をされている方は、受信可能アドレスから送信くださるか、
メールの受信設定をお願いいたします。



◆講師紹介◆
ダンス講師:クルマ 美帆(ブログの管理人です)
2002年、西アフリカの伝統音楽に出会いダンスと太鼓を習い始める。
2006年、西アフリカ・ギニアへ初渡航。
本場のダンスを習い、日本に帰国後はダンス漬の日々を送る。
2014年、ギニアの若手シンガーグループのミュージックビデオに
ギニア人ダンサーと共に出演。

初渡航以来、ほぼ毎年ギニアへ渡航しダンスの師匠として慕うアミナタ・コンテ師より
ダンスや地元文化を学び、現地バレエ団の練習に参加する等数ヶ月を過ごす。

2015年2月に初来日したギニア人ミュージシャンで夫のクルマンケと共に
地元横浜を中心に活動中。



ドゥンドゥン講師:
KOUROUMANKE(クルマンケ)
本名Ansoumane Kourouma
(アンスマン・クルマ)。

幼少期から、ギニア国立舞踊団「Les Ballets Africains(バレエ・アフリカン)」の初代ダンサーである父、Mamady Kourouma(ママディ・クルマ)師と、その父と共に「Ballet Djoliba(バレエ・ジョリバ)」等数多くのグループでサンバン奏者として活躍した、従兄のKoungbana Conde(クンバナ・コンデ)師の下でギニアの伝統音楽とバレエ音楽を学ぶ。

後に、ギニア三大ジェンベフォラの一人と呼ばれる故Fadouba Oulare(ファドゥバ・ウラレ)師、
同じくMamady Keita(ママディ・ケイタ)師に師事する。

ギニアで開催されていたママディ・ケイタ師主催の合宿型ワークショップにて、
サンバン奏者として長年サポートドラマーを勤める傍ら、ギニアの首都コナクリ市内の
若手パーカッショングループやバレエ団では、ドゥンドゥン奏者として活躍。

又、地元ファラナーにおいて故ファドゥバ・ウラレ師の息子達と共に、
師のCDにてドゥンドゥンを担当。

2015年2月初来日を果たし、現在に至る。






【ドゥンドゥン】とは、ギニアやマリ、セネガル等の伝統音楽で演奏されている、
筒状の太鼓の総称(ギニアだけの呼称?)です。

大・中・小と大きさが分かれていて、大きい順に(上写真左から)、
【ドゥンドゥン】、【サンバン】、【ケンケニ】と、それぞれ名前が付いています
(これも、ギニアだけの呼称かも)。

この3つ(時には4つ)のドゥンドゥンとジェンベのいくつかの伴奏
を叩き分けることで、多種多様なリズムが演奏されています。

日本では(他の先進国でも)先ずはジェンベから始める方が多いですが、
ギニアでは、ケンケニ→サンバン→ドゥンドゥン→そしてやっと、ジェンベ
と言う順にアーティスト達は学んで行きます。

ドゥンドゥンが作り出すリズム(メロディー)は、曲の要と言っても過言ではなく、
例えばダンスを踊る時、タイミングの取り方やドラムのグルーヴにどのように
乗って踊るか等、とても重要な役割を果たしています。

結論!ダンサーさんにもおすすめなワークショップです☆








◎ワークショップ開催会場について
主に下記会場にて開催いたします。



○横浜市磯子スポーツセンター
http://www.yspc.or.jp/isogo_sc_ysa/
横浜市磯子区杉田5-32-25
・JR根岸線『新杉田駅』下車 徒歩4分
・京浜急行線『杉田駅』下車 徒歩13分
※有料駐車場あり、料金:2時間 300円、以降20分ごとに50円
※隣の新杉田公園野球場にも有料駐車場があります。
2時間 300円、以降20分ごとに50円


○横浜市金沢スポーツセンター
http://www.yspc.or.jp/kanazawa_sc_ysa/
金沢区長浜106-8
・京浜急行線『京急富岡駅』下車徒歩17分
・シーサイドライン『並木中央駅』下車徒歩7分
※有料駐車場(24台)あり、料金:2時間 300円、以降30分ごとに50円
※向いにビアレ横浜の有料駐車場あり、2時間まで無料
(レシート合計額千円以上で1時間無料)、以降20分ごとに100円


(WS&練習会予定は、毎月11日以降に更新されます。)



よろしくお願いします♪

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●

西アフリカ・ギニアのダンス動画




ギニアのダンスは基本的にジェンベやドゥンドゥンの生演奏で踊りますが、
ワークショップと練習会では、都合によりCDを使用する事があります。
(使用するCDについて→にしやまんのブログ 2011/6/2の日記から視聴出来ます♪)

ワークショップと練習会は何が違うの?(・_・?)
ワークショップでは、ひと振りづつじっくりゆっくりレッスンします。

練習会では、ワークショップで踊ったリズムの復習をします。
ワークショップよりも更に掘り下げて、体の動かし方をレッスンします。
ワークショップに不参加の方でも練習会にご参加可能です。




◆その他◆
・このアフリカンダンスは基本的に裸足で行いますが、 履きなれたダンスシューズ等の着用は自由です。
ステップによっては足に負担がかかる事もありますので、 ご自身の責任にてお願いします。

・ダンスクラスの服装は、動きやすいものであれば何でも構いません。
汗を沢山かくと思いますので、着替え、 水分補給のご用意をお願いします。

・施設内にコインロッカー(使用後料金返却)、 無料シャワールーム、自販機、給水機があります。

・見学自由。



この記載内容について、ブログやメールへのコピー転載はご自由にどうぞ。










0 件のコメント:

コメントを投稿